多様化する種類

合掌する人

それぞれの特徴

葬儀と一口に言っても様々な種類があります。ふじみ野で行うことができる葬儀も非常にバラエティーがあり、様々な種類の葬儀が行われています。大きく分けて、一般葬、社葬・合同葬、家族葬の三種類に分けられます。一般葬は最も一般的な葬儀のことで、ふじみ野でも多く行われています。遺族、親族だけでなく、会社の人や友人、近所の人など幅広い参列者があります。通夜と葬式は二日に分けるのが一般的です。社葬・合同葬は会社が主体となって執り行う葬儀のことです。遺族と合同で葬儀を執り行うときは合同葬と呼びます。会社の重役などが亡くなった場合に行われることが多く、参列者は会社関係者や取引先も来るので膨大な人数になります。家族葬は家族のみか家族と親族、ごく親しい人のみといった少人数で行うものです。ふじみ野だけでなく、全国的に増えているのがこの形です。よく似た形に密葬がありますが、密葬は故人の死をふせたままにしておき、家族葬は死を通知したうえで参列を断るという形が異なります。ふじみ野では家族葬専門の業者も増えてきており、社会的なニーズが高まっていることがわかります。費用としては、だいたい参列者の数や規模に比例して高くなるので、家族葬、一般曹、社葬・合同葬の順に高くなります。葬儀料金は不明瞭なイメージがありましたが、近年は明朗会計をうたう業者も増えてきており、特に家族葬を専門に行う業者ではその傾向が強いです。生前見積もりを行う人も多く、業者側でも対応しています。

Copyright© 2018 葬式スタイルはいくつかあるって知っていた?|自由なスタイルの葬式 All Rights Reserved.